食の変遷から日本の歴史を読む方法 : 戦乱が食を変え、食文化が時代を動かした…

武光誠 編

人の営みによって織られるのが歴史なら、そこに"食"の存在は見逃せない。事実、さまざまな歴史的局面で"食"は大きな役割を果たしてきた。にもかかわらず、これまで食文化は、歴史的に広がりをもって語られることが少なかった。これを読み解くことによって、新たな日本の歴史像を浮き彫りにする画期的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 歴史に刻まれた重大事件に「食」はどう関わったか
  • 2章 時の権力者の策謀が和の「食」のあり方を変えた
  • 3章 「稲作」の変遷と「米文化」が日本の歴史をつくってきた
  • 4章 戦乱の歴史が生んだ日本独自の「食」とは
  • 5章 東国と西国の「食」の違いから時代の背景を探る
  • 6章 「食」のルーツに見る日本の対外関係史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食の変遷から日本の歴史を読む方法 : 戦乱が食を変え、食文化が時代を動かした…
著作者等 武光 誠
書名ヨミ ショク ノ ヘンセン カラ ニホン ノ レキシ オ ヨム ホウホウ : センラン ガ ショク オ カエ ショクブンカ ガ ジダイ オ ウゴカシタ
シリーズ名 Kawade夢新書
出版元 河出書房新社
刊行年月 2001.8
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 4309502261
NCID BA52927434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20193159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想