肝癌のラジオ波焼灼療法

沖田極, 小俣政男 編

肝癌治療の新たな展開。適応・手技の実際・合併症対策など、ラジオ波焼灼療法(RFA)実施に際して必要な情報と知見を漏れなく収載。肝癌治療の新機軸RFAのノウハウを伝授する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 肝癌治療の現在
  • 第2章 ラジオ波とは
  • 第3章 適応
  • 第4章 手技の実際
  • 第5章 合併症とその対策
  • 第6章 治療効果
  • 第7章 治療成績
  • 付録 患者に対するRFAの説明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝癌のラジオ波焼灼療法
著作者等 小俣 政男
沖田 極
書名ヨミ カンガン ノ ラジオハ ショウシャク リョウホウ
出版元 医学書院
刊行年月 2001.6
ページ数 90p
大きさ 26cm
ISBN 4260124617
NCID BA52904042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想