ナチズムと歴史家たち

P.シェットラー 編 ; 木谷勤, 小野清美, 芝健介 訳

戦後歴史学の起源に大きな疑問符をなげかける。アカデミックな歴史学によるナチ支配への協力の実態をはじめて描き出すとともに、歴史記述の政治性を幅広い視野から問題化して強いインパクトを与えた注目の研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 権力を正当化する学問としての歴史学-1918‐1945年
  • 第2章 敗北のあとで-ワイマル共和国時代の歴史学における現代史の諸問題と右翼弁護的傾向
  • 第3章 「修正主義的」歴史家と青年運動-ケーニヒスベルクの例
  • 第4章 歴史、民族および理論-『国境地域・外国在住ドイツ民族ハンドブック』
  • 第5章 「諸民族と青年の教師」-政治的解説者としての歴史家たち、1933‐1945年
  • 第6章 オットー・ブルンナー-「具体的秩序」と時代の言葉
  • 第7章 歴史学の「西方研究」-「防衛闘争」と領土拡張攻勢のはざまで
  • 第8章 ハイドリヒの大学教授-「民族強化」と大量殺戮の歴史学 ハンス・ヨアヒム・バイアーの場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチズムと歴史家たち
著作者等 Schöttler, Peter
小野 清美
木谷 勤
芝 健介
Sch¨ottler Peter
シェットラー ペーター
書名ヨミ ナチズム ト レキシカタチ
書名別名 Geschichtsschreibung als Legitimationswissenschaft 1918-1945. (2. Aufl.)
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2001.8
ページ数 287, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4815804087
NCID BA52837739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想