映像社会を変える高臨場感ディスプレイ : 誕生したハイパーリアリティの世界

谷千束 著

21世紀に主役となる新ディスプレイ像は何であろうか。著者はそのトップの一つに高臨場感ディスプレイを挙げている。このディスプレイは、これまで想像もできなかった新しい映像空間を創出し、映像社会、ヒューマンメディア社会を大きく変貌させる最も重要な存在になるという。本書はこの新ディスプレイ像の全貌を紹介したもので、高臨場感とは何か、高臨場感表示の主要素、多様な表示技術・周辺技術および幅広い応用動向をビジュアルに紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 映像メディアの人類史的発展-ディスプレイは今、新時代に向けてビッグバン
  • 第2章 高臨場感表現の特質と魅力-視覚能力をフルに活用して、映像魅力大幅アップ
  • 第3章 表示方式と技術開発動向-高臨場感表示を目指す挑戦的技術開発の先端トレンド
  • 第4章 応用開発・実用化展開-多様な分野にハイパーリアルな新しい映像世界登場
  • 第5章 高臨場感ディスプレイの未来-ハイパーリアルな映像が21世紀の豊かな文化を創る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映像社会を変える高臨場感ディスプレイ : 誕生したハイパーリアリティの世界
著作者等 谷 千束
書名ヨミ エイゾウ シャカイ オ カエル コウリンジョウカン ディスプレイ : タンジョウシタ ハイパー リアリティ ノ セカイ
書名別名 Eizo shakai o kaeru korinjokan disupurei
シリーズ名 K books series 167
出版元 工業調査会
刊行年月 2001.7
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 4769312024
NCID BA52814052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想