戦略思考ができない日本人

中山治 著

政府の景気対策はいきあたりばったり。教育改革は細部の手直しばかりで抜本対策は出てこない。官僚も企業のトップも「前例がない」といっては何もしない。これまで日本人はなぜ主体的な戦略思考ができなかったのか?本書では、西欧が堅固な守りで構築された「要塞文明」であるのに対して、日本は「はかなさ」の情緒を共感しあう「無常感文明」であると捉え、日本文明のもつ自我・法則性・宗教観などの分析を通して、日本人がグローバル・スタンダード時代を生き抜くために必要な自己変革へのヒントを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「無常感文明」日本と「要塞文明」西欧-文明論(日本文明は無常感文明である
  • 秀吉の「夢のまた夢」こそが無常感の理念型 ほか)
  • 第2章 日本人と西欧人の主体性の違い-自我論(「自我の要塞化」とは「主体性の強度」を高めることである
  • 日本では「組織我」もまた「主体性の強度」が低い ほか)
  • 第3章 「無常感文明」と「要塞文明」を貫く法則-法則論(文明には基本法則がある
  • 「作為の法則」と「自然の法則」 ほか)
  • 第4章 八百万の神々と無常感文明-宗教論(無常感はアニミズムが原点
  • 宗教が人間を「遺伝子の呪縛」から解き放った ほか)
  • 第5章 日本文明を変革する道-変革論(日本文明は「情緒」という「透明なアイデンティティ」の文明
  • 「透明なアイデンティティ」が「アイデンティティ不確実感」を生んだ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦略思考ができない日本人
著作者等 中山 治
書名ヨミ センリャク シコウ ガ デキナイ ニホンジン
書名別名 Senryaku shiko ga dekinai nihonjin
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.7
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4480059024
NCID BA52802111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想