交流する弥生人 : 金印国家群の時代の生活誌

高倉洋彰 著

弥生人は、中国を盟主とする漢字文化圏に、はじめて参入した国際人だった。彼らは列島内外と交流しながら、新たな知識を獲得し生活や文化を一新した。その活力の源泉は何か。弥生人の衣食住など日常生活を通して描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 五段階の国際化
  • 人びとの暮らすムラ
  • 装いの背景
  • ご飯のある食卓
  • 神々との日々
  • 弥生人からのメッセージ
  • 東奔西走の交流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交流する弥生人 : 金印国家群の時代の生活誌
著作者等 高倉 洋彰
書名ヨミ コウリュウスル ヤヨイジン : キンイン コッカグン ノ ジダイ ノ セイカツシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 123
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.8
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 4642055231
NCID BA52789410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想