洪秀全と太平天国

小島晋治 著

中国革命の源流をなす太平天国運動。指導者・洪秀全はキリスト教を独自に解釈して拝上帝教を創始し、民衆をひきつけて十四年にわたり清朝と対峙した。彼は「世直し」運動の指導者として孫文や毛沢東に大きな影響を与えた。本書は宗教運動から反清革命への転換の経緯やその後の運動の展開を明らかにし、南京入城以後の軍事共産主義的な社会制度や諸王間の抗争の実態を描く。半世紀にわたり太平天国を研究してきた第一人者による伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神はただ一つ
  • 2 宗教運動から「革命」運動へ
  • 3 地上に天国を
  • 4 地上天国の現実
  • 5 天兵を得て天京を守る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 洪秀全と太平天国
著作者等 小島 晋治
書名ヨミ コウ シュウゼン ト タイヘイ テンゴク
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.7
ページ数 295, 12p
大きさ 15cm
ISBN 4006000596
NCID BA52786900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20193506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想