開発と教育 : 国際協力と子どもたちの未来

江原裕美 編

「教育開発」とは開発協力における教育分野を指し、さまざまな国際協力機関により発展途上国の教育の整備・発展を支援する諸活動をいう。既存の欧米開発モデルに従うだけの教育から、多様な国や地域、文化のコンテクストに基づき住民自身が主体となった教育環境の構築へ向け、いま、新たな「教育開発」が求められている。"開発と文化を問う"もう一つの視点。大手国際協力機関による「教育開発」プロジェクトの実際。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 開発と教育の歴史と担い手(開発と教育の歴史と課題-アメリカ「開発教育」の足跡をめぐって
  • 教育開発のオピニオンリーダー-国連機関
  • 世界銀行と発展途上国への教育協力-最強の資金融資・政策提言の機関として)
  • 第2部 教育協力の現状と実例-世界銀行を中心に(世界銀行の教育協力のプロセスと実務-グローバルな教訓と最新の情報を活かして
  • 世界銀行の教育協力理念と政策-開発理論と現実の狭間に漂う政策変遷の回顧と展望
  • アジア地域への教育協力-アジア開発銀行と教育開発・改革をめぐる「政治経済学」の構想
  • アフリカ地域への教育協力-貧困削減、そしてさらなる発展のために
  • ラテンアメリカ地域への教育協力-小さなラテンアメリカ社会「米州開発銀行」(IDB)とその教育協力)
  • 第3部 教育開発の論点と今後の展望(教育投資における優先順位の決定と世界銀行-収益率分析とクロスナショナル分析の成果と限界
  • 世界銀行の教育地方分権化政策のジレンマ-アメリカ教育改革の潮流が示唆するもの
  • 教育開発戦略の行方-世界銀行とユニセフの政策報告書の比較から
  • 基礎教育の開発10年間の成果と課題-ジョムティエンからダカールへ
  • 教育開発の新たなビジョンを求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発と教育 : 国際協力と子どもたちの未来
著作者等 吉良 直
山本 哲士
廣里 恭史
斉藤 泰雄
江原 裕美
黒田 一雄
吉田 和浩
村田 敏雄
上岡 直子
書名ヨミ カイハツ ト キョウイク : コクサイ キョウリョク ト コドモタチ ノ ミライ
書名別名 Kaihatsu to kyoiku
出版元 新評論
刊行年月 2001.7
ページ数 380p
大きさ 22cm
ISBN 4794805292
NCID BA52783130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想