耳科学 : 難聴に挑む

鈴木淳一, 小林武夫 著

戦後、抗生物質の登場によって難聴の原因となる中耳炎は減ったが、ストマイ難聴を生み出した。現在は種々の原因による難聴が多く存在し、ふえているものもある。本書は最新の耳科学の成果にもとづき、きこえ方の仕組みから説き起こし、難聴の原因、診断、治療、予防を具体例豊富に詳述し、ハイテクを駆使した補聴器や人口中耳・内耳を紹介する。騒音が軽視される日本で、もっと音と耳と難聴に関心を持ってほしいと強調する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音と耳
  • 耳の構造ときこえの仕組み
  • 「難聴」とは何か
  • 難聴者の困難
  • 難聴の予防
  • 耳鼻咽喉科医として四十余年
  • 補聴器
  • 補聴器についての質問と答え
  • 人口中耳と人口内耳
  • 聴覚障害者の福祉
  • 手話
  • 幼小児の難聴とその対策と福祉
  • 難聴対策の輪を国外にひろげる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 耳科学 : 難聴に挑む
著作者等 小林 武夫
鈴木 淳一
書名ヨミ ジカガク : ナンチョウ ニ イドム
書名別名 Jikagaku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.7
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4121015983
NCID BA52776510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20198087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想