無言館ノオト : 戦没画学生へのレクイエム

窪島誠一郎 著

長野県上田市の郊外に建つ、コンクリート打ち放しの平屋建て、建坪百二十坪の、十字袈形をした小さな私設美術館「無言館」。日中戦争、太平洋戦争で、卒業後、もしくは学業半ばで、戦地に駆り出され戦死した画学生の、遺作や遺品が約三百点、展示してある。建設のきっかけは、著者と画家・野見山暁治氏との出会いだった。「戦死した仲間たちの絵」の話に共感し、全国の戦没画学生の遺族を訪問する旅を、氏といっしょにはじめたのだった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 「後ろめたさ」の美術館
  • 第1章 「無言館」縁起
  • 第2章 「無言館」の画家たち
  • 第3章 「無言館」懴悔録
  • 第4章 「無言館」その後
  • 第5章 「無言館」への手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無言館ノオト : 戦没画学生へのレクイエム
著作者等 窪島 誠一郎
書名ヨミ ムゴンカン ノオト : センボツ ガガクセイ エノ レクイエム
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.7
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4087200981
NCID BA52755951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20227726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想