基本からわかるEBN

日野原重明 監修

EBNは、直訳すると「根拠のある看護」ということです。これは、これまで看護では経験、直感で行ってきて、病態生理からの推論である仮説に依存していたものを、根拠に基づいて行おうということです。EBNで指すところの根拠というのは、病態生理学だけを指すのではなくて、根拠であるエビデンス水準を明確にしたものです。本書は、一見難しそうなEBNを実践で活用していくきっかけになることを、そしてそれが看護の向上につながることを願って書かれたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サイエンスとしての看護とEBN
  • 第2章 医療ケアでのEBM/Nの必要性
  • 第3章 臨床における患者ケアの質とEBM/N
  • 第4章 EBMとEBNは何が違うのか
  • 第5章 看護におけるEBN
  • 第6章 海外のEBN事情
  • 第7章 EBNと文献検索の仕方
  • 第8章 EBNの情報源リスト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 基本からわかるEBN
著作者等 日野原 重明
書名ヨミ キホン カラ ワカル EBN
書名別名 Kihon kara wakaru EBN
出版元 医学書院
刊行年月 2001.6
ページ数 158p
大きさ 21cm
ISBN 4260331426
NCID BA52748537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想