ペンギンの世界

上田一生 著

ペンギンといえば雪原をよちよち歩く姿に誰もが思わず「かわいい!」と声をあげる。だが南極の厳冬に三ヵ月も絶食して卵と雛を守ったり、六〇〇m以上も潜水して高速で魚を捕える姿は意外に知られていない。森で暮らす仲間もいる。いま環境破壊にさらされながら苛酷な世界にけなげに生きている彼らの生態、暮らしから歴史までを紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ペンギン大国日本
  • 第1章 どこでどんな生活をしているのか
  • 第2章 生活のリズムと体のしくみ
  • 第3章 海でのくらし
  • 第4章 なぜ飛ばなくなったのか
  • 第5章 ペンギン、人に会う
  • エピローグ 助け、見守る人々

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ペンギンの世界
著作者等 上田 一生
書名ヨミ ペンギン ノ セカイ
書名別名 Pengin no sekai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.7
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 4004307430
NCID BA52732628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20191339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想