仕事の社会心理学

Peter Collett, Adrian Furnham 原著編 ; 長田雅喜, 平林進 訳編

社会心理学は、現実の社会問題、特に産業と組織上の問題に多くの貢献をしなければならない。本書では、それぞれの領域において先導的な立場にある研究者が、仕事の営利面に対する最近の知見とその含みとを論じている。パーソナリティと個人差、社会心理学、組織心理学の分野から仕事に関する諸側面を考察。取り上げた主題は、仕事に及ぼす年齢の効果、リーダーシップ、生産性、仕事のための社会化、ストレスと不安、労働に及ぼす物理的環境の効果などである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 仕事のための社会化
  • 仕事におけるパーソナリティ
  • パーソナリティと生産性
  • 組織におけるリーダーシップとフォロワーシップ-対人関係の役割
  • 海外のイギリス人ビジネスマン
  • アメリカとイギリスにおける賃金の満足感
  • 海洋油田従業員の労働と福利
  • 職務要求と不安
  • 社会化された仕事
  • 環境変数が仕事での行動に及ぼす影響
  • 社会的スキルと仕事
  • 心理学の実践的活用
  • 年齢と仕事
  • 仕事の社会心理学:2000年に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仕事の社会心理学
著作者等 Collett, Peter
Furnham, Adrian
平林 進
長田 雅喜
ファーンハム エイドリアン
コレット ピーター
書名ヨミ シゴト ノ シャカイ シンリガク
書名別名 Social psychology at work

Shigoto no shakai shinrigaku
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2001.6
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 4888485453
NCID BA52696615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20194883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想