昭和二十年  第1部 7(5月10日~5月25日) (東京の焼尽)

鳥居民 著

対ソ工作に妙案はあるか。最高戦争指導会議で激論が交わされるなか、帝都は最後の大空襲で焼き尽くされる。炎上する市街の中を逃げまどう人々の恐怖の一夜。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 21 5月10日〜14日-「一体此戦争ノ終末ヲ何レニ帰着セントスルヤ」(「投了はドイツの店じまいと同時にあるべし」
  • 東郷茂徳、モロトフとの会談を望んだが
  • 満洲国境に大軍が送られてくる
  • 「余程大きな思い切りをなすことが」
  • 「哈特諜はまだか」 ほか)
  • 22 5月25日-市街地爆撃、火から逃れて、火と闘って(百一号作戦で井上成美は肝に銘じたのだが
  • 関東大震災、函館・静岡・大手町の大火が明らかにしたこと
  • アメリカ陸軍航空軍総司令官の野望
  • 三軒に一発なのか、一軒に一発なのか、それとも…
  • 「初期防火」は濡れ筵をかぶせて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和二十年
著作者等 鳥居 民
書名ヨミ ショウワ ニジュウネン
書名別名 東京の焼尽
巻冊次 第1部 7(5月10日~5月25日) (東京の焼尽)
出版元 草思社
刊行年月 2001.7
ページ数 328p
大きさ 20cm
ISBN 4794210728
NCID BA52683271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20199256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想