縄文文化と日本人 : 日本基層文化の形成と継承

佐々木高明 著

日本文化は多元的で異質な文化が複合したものであり、稲作文化のみならず、縄文文化もまた日本文化の基層を構成する重要な要素であったと著者は考える。この観点から、本書では「ナラ林文化と照葉樹林文化」という、東アジア全体を視野におさめた文化史の枠組のなかで縄文文化を捉えなおし、その文化的系譜をさぐる。広範な学問の成果に立脚し、新たな視座からみる縄文文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 縄文文化を考える-日本文化形成論の視点から
  • 第2章 稲作以前の生業形態
  • 第3章 成熟せる採集社会と初期的農耕
  • 第4章 縄文から弥生へ-縄文文化伝統の継承と変容
  • 第5章 山民文化の伝統-縄文文化伝統の再評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文文化と日本人 : 日本基層文化の形成と継承
著作者等 佐々木 高明
書名ヨミ ジョウモン ブンカ ト ニホンジン : ニホン キソウ ブンカ ノ ケイセイ ト ケイショウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2001.7
ページ数 325p
大きさ 15cm
ISBN 4061594915
NCID BA52634662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20186841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想