バッハの鍵盤音楽

デイヴィッド・シューレンバーグ 著 ; 佐藤望, 木村佐千子 訳

本書は、バッハの全鍵盤音楽について書かれた世界で最も新しく、最も詳しく、最も信頼のおける書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • バッハの鍵盤音楽への序説
  • 演奏上の問題
  • バッハの鍵盤作品の様式とその発展
  • 初期の組曲
  • 初期のフーガ
  • 種々の初期作品
  • トッカータ
  • 協奏曲編曲
  • ヴィルトゥオーソ・フーガ
  • 『ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハの音楽帳』と関連作品
  • <平均律クラヴィアータ曲集>(第1巻
  • 第2巻)
  • <イギリス組曲>
  • <クラヴィアータ練習曲集>(第1部:6つのパルティータ
  • 第2部およびその他の作品
  • 第3部および同第4部)
  • <音楽の捧げもの>および<フーガ>
  • 真作であることが疑わしい作品
  • 『アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バッハの鍵盤音楽
著作者等 Schulenberg, David
佐藤 望
木村 佐千子
シューレンバーグ デイヴィッド
書名ヨミ バッハ ノ ケンバン オンガク
書名別名 The keyboard music of J.S.Bach

Bahha no kenban ongaku
出版元 小学館
刊行年月 2001.7
ページ数 727p
大きさ 23cm
ISBN 4093860300
NCID BA52624793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20186710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想