ダライ・ラマ自伝

ダライ・ラマ 著 ; 山際素男 訳

チベットの宗教的、政治的最高指導者として精力的に平和活動をつづけ、ノーベル平和賞を受賞した第14世ダライ・ラマが、観音菩薩の生れ変わりとしての生い立ちから、長きにわたる亡命生活の苦悩、宗教指導者たちとの交流、世界平和への願いなどを、波乱の半生を振り返りつつ語る。チベットとダライ・ラマを知る恰好の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 白蓮を持つ人
  • 獅子の玉座
  • 侵略-嵐の到来
  • 南へ避難
  • 共産主義中国
  • ネール氏の拒絶
  • 亡命を決意
  • 絶望の年
  • 十万の難民
  • 僧衣を着た狼
  • "魔術と神秘"について
  • チベットからの便り
  • 平和への提言
  • 普遍的責任と善意

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダライ・ラマ自伝
著作者等 Bstan-ʼdzin-rgya-mtsho
Bstan-ʾdzin-rgya-mtsho, Dalai Lama XIV
山際 素男
The Dalai Lama of Tibet
ダライラマ
書名ヨミ ダライ ラマ ジデン
書名別名 Freedom in exile

Darai rama jiden
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.6
ページ数 436p
大きさ 16cm
ISBN 4167651092
NCID BA52605799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想