ギュスターヴ・モロー : 絵の具で描かれたデカダン文学

ギュスターヴ・モロー 画 ; 鹿島茂 著

画家マチス、マルケ、ルオーを育て、プルースト、ブルトンに影響を与えた孤高の象徴画家モロー。絵画の世界のみならず、文学者にも圧倒的な支持を得た幻想芸術の全貌を文学者・鹿島茂が解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 孤高の芸術家
  • 第1章 ロマン派からの出発
  • 第2章 モロー芸術の確立
  • 第3章 世紀末文芸への衝撃
  • 第4章 モローの女性観
  • 第5章 モローを継ぐものたち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギュスターヴ・モロー : 絵の具で描かれたデカダン文学
著作者等 Moreau, Gustave
鹿島 茂
書名ヨミ ギュスターヴ モロー : エノグ デ エガカレタ デカダン ブンガク
書名別名 Gyusutavu moro
シリーズ名 Rikuyosha art view
出版元 六耀社
刊行年月 2001.5
ページ数 119p
大きさ 22cm
ISBN 4897373883
NCID BA52586785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想