鮎の宿

阿川弘之 [著]

志賀直哉門下の著者が師にまつわる様々な出来事を中心に綴った滋味溢れるエッセイ集。志賀の臨終を描いた「終焉の記」をはじめ、滝井孝作、尾崎一雄ら同門の作家や「白樺」同人の梅原龍三郎のこと、志賀と前後して亡くなった三島由紀夫、川端康成、文壇仲間吉行淳之介、遠藤周作との交流、親しかった人々や食、旅をめぐる話などを清澄な文章で記した初期のエッセイ五十九篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 終焉の記
  • 葬送の記
  • 志賀直哉の意地悪
  • 志賀直哉と川端康成
  • 直哉のタスキ
  • 古手紙の山の中から
  • メートル法強制
  • 猫なで声
  • 十万円の古本
  • 書評
  • 蛙の合唱
  • 私の中の日本人
  • 万葉集と私〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鮎の宿
著作者等 阿川 弘之
書名ヨミ アユ ノ ヤド
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2001.6
ページ数 365p
大きさ 16cm
ISBN 4061982591
NCID BA52543013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20182774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想