オペラ楽園紀行

小宮正安 著

オペラが空前の人気を博し、多くのオペラ劇場が誕生した十九世紀ヨーロッパ。それは同時に、人々が楽園に熱烈な憧れを寄せ、その想いを非日常の世界であるオペラの舞台に投影していった時代でもあった。厳しい現実から懸命に逃れようとする一方で、彼らがむさぼるように夢見た楽園とは、いったい何だったのだろうか。『カルメン』、『魔弾の射手』、『椿姫』、『タンホイザー』-"オペラの時代"が生みだした様々なかたちの楽園を、ひとつひとつ旅してゆくことにしよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 蘇る楽園
  • 第1章 『カルメン』
  • 第2章 『魔弾の射手』
  • 第3章 『椿姫』
  • 第4章 『アフリカの女』
  • 第5章 『タンホイザー』
  • 第6章 『アラベッラ』
  • 第7章 『ヴォツェック』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オペラ楽園紀行
著作者等 小宮 正安
書名ヨミ オペラ ラクエン キコウ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2001.6
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4087200930
NCID BA52542305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20249141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想