ドン・キホーテの独り言

木村榮一 著

16世紀以来大学都市として栄えるセルバンテスの生地、アルカラー・デ・エナーレス。由緒正しい当地のアルカラー大学に客員教授として赴任した著者がスペイン各地で見聞きした、笑撃的な話題のかずかず。騎士道小説を読みすぎたドン・キホーテのふるさとからの、「ふだん着のスペイン文化・文学案内」風エッセイ、全26篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ラ・マンチャのそよ風(トリリンゲの中庭
  • お別れパーティー
  • 闘牛士ホセリート ほか)
  • 2 ドン・キホーテのキッチン・テーブル(名料理人
  • ボルヘスはピーナツが好き?
  • チョコレートの話 ほか)
  • 3 セルバンテス書店(鱈とオリーブと『ドン・キホーテ』
  • 砂漠と迷路
  • セルバンテスと近代小説 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドン・キホーテの独り言
著作者等 木村 栄一
書名ヨミ ドン キホーテ ノ ヒトリゴト
書名別名 Don kihote no hitorigoto
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.6
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 4000241206
NCID BA52518661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20190909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想