民族共存の条件

日本比較政治学会 編

民族紛争はなぜ起るのか。アチェ、アゼルバイジャン、ボスニア等の現場から紛争の実態を分析し比較政治学の観点に立って民族共存の可能性を追究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 紛争をどう見るか(国民の崩壊・民族の覚醒-民族紛争の政治的起源
  • 民主主義の定着と民族共存の条件)
  • 2 紛争の前に-インドとヨルダン(暴動の政治過程-1992‐93年ボンベイ暴動
  • ヨルダンの民族「共存」)
  • 3 紛争の中で-アチェ・アゼルバイジャン・ボスニア(アチェ紛争-ポスト・スハルト体制下の分離主義的運動の発展
  • ナゴルノ・カラバフ紛争の政治的考察-紛争激化の要因と民族共存の展望
  • ボスニアの内戦前と内戦後-民族共存の観点から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族共存の条件
著作者等 西 芳実
北澤 義之
岩崎 正洋
廣瀬 陽子
日本比較政治学会
月村 太郎
竹中 千春
藤原 帰一
書名ヨミ ミンゾク キョウソン ノ ジョウケン
シリーズ名 日本比較政治学会年報 第3号
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2001.6
ページ数 188p
大きさ 21cm
ISBN 4657016229
NCID BA52516655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20220126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想