地方史・地域史研究の展望 : 地方史研究協議会50周年記念出版

地方史研究協議会 編

この本の情報

書名 地方史・地域史研究の展望 : 地方史研究協議会50周年記念出版
著作者等 地方史研究協議会
書名ヨミ チホウシ チイキシ ケンキュウ ノ テンボウ : チホウシ ケンキュウ キョウギカイ 50シュウネン キネン シュッパン
出版元 名著
刊行年月 2001.3
ページ数 390p
大きさ 22cm
ISBN 4626016472
NCID BA52502435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
公文書館法とアーキビスト養成 金原祐樹
初期地方史研究協議会の回想 林英夫
初期地方史研究協議会の性格 木村礎
史料保存利用運動 高橋実
国土開発と遺跡保存の動き 橋口定志
地域史と教育史 高橋敏
地域女性史と地方史研究・運動 長野ひろ子
地方史研究と博物館をめぐって : 二つの「場」のゆくえから考える 湯浅治久
地方史研究と司法資料 松尾正人
地方史研究と情報処理 永村眞
地方史研究と文化財保護 湯浅隆
地方史研究と景観 橋本直子
地方史研究と歴史地理(一九八〇~一九九九) : 学会動向を中心に 土田良一
地方史研究と歴史教育 奥田晴樹
地方史研究と民俗学 : 景観資料ノート 岩田重則
地方史研究協議会の発足と大阪 : 『郷土史』批判の若干の問題 北崎豊二
地方史研究団体の活動 山内譲
地方生活史 原田信男
多摩地域(東京都)の地方史研究と自治体史の編纂 村上直
大阪における地方史研究の濫觴 服部敬
戦後歴史学と地方史研究 : 創設前後のころ 永原慶二
戦後歴史学と地方史研究 : 日本近世史を中心として 藤野保
日本学術会議と地方史運動 所理喜夫
日本歴史学協会と地方史運動 吉原健一郎
本会発展のあとを振り返って 児玉幸多
本書刊行の意図・経緯と構成 : 戦後日本史学のパラダイム転換と地方史・地域史 大石学
災害と史料保存 辻川敦
考古学と地方史研究 : 多摩地域における一九世紀の考古学 梶原勝
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想