春風秋雨

杉本苑子 著

作家としての長いキャリアをふりかえりつつ、日々の哀歓を綴るエッセイ。寝るほど楽は…、女性と生きがい、直木賞受賞の頃、老母との暮らし、猫のはなしなど春秋の感慨にこめられた、晩年へのさりげない模索。旅先で想う歴史上の人物など、旅することの多い著者ならではの話題。女の暮らしに漂う静謐と温もりが伝わる随想集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 暮らしの中のこぼれ話(亥年つれづれ草
  • 一粒の目
  • ひとり旅 ほか)
  • 旅の楽しみ(会津若松
  • 浜辺の風
  • もの言わぬ歴史の証人 ほか)
  • 歴史への思い入れ(糖尿病多発の藤原摂関家
  • 絵巻の中の肖像
  • 天来の音楽 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春風秋雨
著作者等 杉本 苑子
書名ヨミ シュンプウ シュウウ
書名別名 Shunpu shuu
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.5
ページ数 267p
大きさ 16cm
ISBN 4167224267
NCID BA52501206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20171547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想