ぼくらはみんな生きている : 18歳ですべての記憶を失くした青年の手記

坪倉優介 著

二度と戻らない記憶。あたらしい自分と向き合いながら生きて、草木染職人として独立するまでの12年間の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ここはどこ?ぼくはだれ?-'89.6〜'89.8
  • 第2章 これから何がはじまるのだろう-'89.9〜'90.3
  • 第3章 むかしのぼくを探しにいこう-'90.4〜'91.3
  • 第4章 仲間はずれにならないために-'91.4〜'92.3
  • 第5章 あの事故のことはもう口にださない-'92.4〜'94.3
  • 第6章 ぼくらはみんな生きている-'94.4〜'01.5

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくらはみんな生きている : 18歳ですべての記憶を失くした青年の手記
著作者等 坪倉 優介
書名ヨミ ボクラ ワ ミンナ イキテイル : 18サイ デ スベテ ノ キオク オ ナクシタ セイネン ノ シュキ
出版元 幻冬舎
刊行年月 2001.6
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 4344000889
NCID BA52485551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20245740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想