日本の森を歩く

池内紀 文 ; 柳木昭信 写真

ゲーテの『ファウスト』をよみがえらせ、いままたカフカの個人全訳に挑む希代のドイツ文学者が、今度は日本の森を北から南まで3年かけて歩いた。いま注目!日本の森紀行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 阿寒
  • 円山
  • 八甲田
  • 白神山地
  • 朝日連峰
  • 飯豊連峰
  • 奥日光
  • 三頭山
  • 函南
  • 芦生
  • 大塔山
  • 石鎚山
  • 大山
  • 屋久島
  • 奄美

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の森を歩く
著作者等 柳木 昭信
池内 紀
書名ヨミ ニホン ノ モリ オ アルク
書名別名 Nihon no mori o aruku
出版元 山と溪谷社
刊行年月 2001.6
ページ数 277p
大きさ 22cm
ISBN 4635280470
NCID BA52460222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20265591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想