精神分析理論と臨床

北山修 著

開業医から大学に赴任して十年余、精神分析学を講じてきた著者が、精神分析学体系と実践的課題の間に著した論考をまとめあげたテキスト。言語的治療という特質を生かして、主にエディプス理論を本質とするフロイディアンの観点を漂い、理論を紹介し、症例を検討する。この参加しながらの人間理解によってたぐりよせられた対象関係の糸は、さまざまな図柄と間柄を織り成し、学派をこえて臨床現場にそのまま生かされる視野の広がりと思考運動を提供するはずである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理論-とくに対象関係論
  • 2 フロイトから学ぶ
  • 3 無意識の言葉
  • 4 さまざまな臨床問題
  • 5 言語的治療の実際
  • 6 文化、倫理、研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析理論と臨床
著作者等 北山 修
書名ヨミ セイシン ブンセキ リロン ト リンショウ
出版元 誠信書房
刊行年月 2001.6
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 441440200X
NCID BA52459584
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20188569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想