ポリエチレン技術読本 : 触媒・製造プロセスの進歩と材料革新

松浦一雄, 三上尚孝 編著

本書は、中低圧法ポリエチレンを中心に書かれているが、必ずしも専門分野におけるアカデミックな、あるいは技術論の詳細を説いたものではないし、また技術総説を目指したものでもない。技術革新がどのように進んできたかを概説し、同時に、大学での基礎研究と工業化に当たっての研究開発との相違のようなものを汲み取っていただくことを目的としたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(触媒と製造プロセスの進歩がもたらした材料設計技術の広がり-Innovationの波はどのように起こってきたか)
  • 基礎編 ポリエチレンの構造・物性と重合触媒(ポリエチレンの特徴
  • 触媒と重合反応の基礎)
  • 開発編 触媒・プロセスの進歩と材料の革新(高密度ポリエチレン(HDPE)の製造技術とその進歩
  • 直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)の製造技術とその進歩 ほか)
  • 展開編 ポリエチレン材料の革新に向けて(ポストメタロセン触媒への流れと新材料研究
  • 構造・物性研究の進歩と開発研究への貢献 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポリエチレン技術読本 : 触媒・製造プロセスの進歩と材料革新
著作者等 三上 尚孝
松浦 一雄
書名ヨミ ポリエチレン ギジュツ ドクホン : ショクバイ セイゾウ プロセス ノ シンポ ト ザイリョウ カクシン
出版元 工業調査会
刊行年月 2001.7
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 4769341474
NCID BA52454809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想