信用と信頼の経済学 : 金融システムをどう変えるか

竹田茂夫 著

金融が怪物化している。今や巨額の国際短期資本が瞬時に移動し、一国の経済全般を破壊するまでになった。金融のグローバル化は、"信用"の一方的な拡大をもたらすが、それに見合うだけの"信頼"を、どう補填するのか。私たちはこの先、貨幣や金融とどのようにつきあっていくべきか。アジア経済危機など昨今の金融市場の混乱を例にとり、経済学の盲点だった、取り付けや伝染などの発生メカニズムを原理的に解明。金融システムの中に芽生えつつある、新しいコミュニティ原理に着目し、制度改革の方途を模索する意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 貨幣とどうつきあうべきか
  • 第1章 貨幣の罠から抜け出せるか
  • 第2章 金融システムはどうふるまうのか-「主流派経済学」批判
  • 第3章 貨幣の遠近法-イギリス金融史をさかのぼる
  • 第4章 中央銀行という奇妙な制度
  • 第5章 新しい貨幣の回路-金融システムをどう変えるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信用と信頼の経済学 : 金融システムをどう変えるか
著作者等 竹田 茂夫
書名ヨミ シンヨウ ト シンライ ノ ケイザイガク : キンユウ システム オ ドウ カエルカ
書名別名 Shin'yo to shinrai no keizaigaku
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.6
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 4140019174
NCID BA5243985X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20188496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想