登山の誕生

小泉武栄 著

古来ヨーロッパにおいて山は悪魔の棲家として忌み嫌われていた。一方、日本人にとっては聖地であり、信仰にもとづく登山は古くから行われていた。だが近代的登山が発祥したのは二百年ほど前のヨーロッパで、楽しみとしての登山が日本で普及するのはそれから百年後の明治末期になってからである。この差はなぜ生まれたのか。日欧を比較しながら山と人の関わりの変遷をたどり、人々を惹きつけてやまぬ山の魅力の源泉に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 好奇心は山へいざなう(アルプスは悪魔の棲家?
  • 薬草採りか鉱山か ほか)
  • 第2章 アルプスへの憧れ(アルプスの発見
  • アルプスの美をうたった人々 ほか)
  • 第3章 山と日本人(縄文人は山に登ったか
  • 稲作の開始と自然崇拝 ほか)
  • 第4章 日本近代登山の発展(日本山岳会の発足
  • 登山思想の伝道者たち ほか)
  • 終章 現代の登山を考える(登山大国日本
  • ブームの変遷 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 登山の誕生
著作者等 小泉 武栄
書名ヨミ トザン ノ タンジョウ : ヒト ワ ナゼ ヤマ ニ ノボル ヨウニ ナッタノカ
書名別名 人はなぜ山に登るようになったのか
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.6
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4121015924
NCID BA52429787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20195220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想