古代東北と王権 : 「日本書紀」の語る蝦夷

中路正恒 著

古代ヤマトの中で封印され続けてきた地・東北。「蝦夷」と呼ばれた人々が住む、その異郷に何が起こっていたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東北-多孔質の身体
  • 蝦夷の三輪山(五八一年?(敏達十年)・「辺境」-蝦夷の魁師綾糟
  • 五八一年?(敏達十年)・三輪山麓泊瀬川-綾糟の誓い)
  • 綾糟の連合国・国造・毛野王 四‐八世紀東国・陸奥-北へ走る「ヤマト」(一)
  • 阿倍氏と陸奥 四‐七世紀東国・常陸・陸奥-北へ走る「ヤマト」(二)
  • 崇神期からヤマトタケルまで 四世紀東国・常陸・陸奥-北へ走る「ヤマト」(三)
  • 景行から阿倍比羅夫まで 四‐七世紀陸奥・越・渡嶋-北へ走る「ヤマト」(四)
  • 多賀柵構築からアザマロの乱まで 八世紀中葉-多賀・雄勝・桃生・伊治
  • アテルイと田村麻呂 延暦二十一年(八〇二)まで-胆沢へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代東北と王権 : 「日本書紀」の語る蝦夷
著作者等 中路 正恒
書名ヨミ コダイ トウホク ト オウケン : ニホン ショキ ノ カタル エミシ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2001.6
ページ数 283p
大きさ 18cm
ISBN 4061495593
NCID BA52422369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想