スピノザという暗号

田島正樹 著

暗号解読という方法こそが、スピノザの全哲学の核心そのものであった。スピノザ解読の鍵は、スピノザ自身にあった。スピノザ解読の結果見えてくるのは、まさにそれがどのように解読されるべきかということそれ自身なのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スピノザの出発
  • 第2章 実在性
  • 第3章 自己原因としての神
  • 第4章 心‐身問題
  • 第5章 倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スピノザという暗号
著作者等 田島 正樹
書名ヨミ スピノザ ト ユウ アンゴウ
シリーズ名 クリティーク叢書 21
出版元 青弓社
刊行年月 2001.6
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 4787210319
NCID BA52413550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20188303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想