境界

柳田國男 ほか著

「怪異」の発生する根源的で多義的な領域。人間の心の奥底に迫る「怪異」と「不思議」の世界を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(記号と境界
  • 妖怪のトポロジー)
  • 2 境界の場所(四つ辻とあの世
  • 厠考-異界としての厠
  • 辻についての一考察 ほか)
  • 3 境界の時(かはたれ時
  • 黎明-原始的想像力の日本的構造
  • 生と死の境界)
  • 4 境界の象徴(生杖と占杖-一つの覚書
  • 遊行的なるもの(抄)
  • 境にひびく音 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界
著作者等 小松 和彦
柳田 国男
書名ヨミ キョウカイ
書名別名 Kyokai
シリーズ名 怪異の民俗学 / 小松和彦 責任編集 8
出版元 河出書房新社
刊行年月 2001.6
ページ数 449p
大きさ 20cm
ISBN 4309613985
NCID BA52406497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20186503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想