よみなおし戊辰戦争 : 幕末の東西対立

星亮一 著

一度つくられた歴史観はなかなか変えられない。明治維新によって「近代国家」が形成される際に、薩摩藩・長州藩らの連合軍は、敵対する旧幕府・会津藩らに「朝敵」の呼び名を使い、国民感情を鼓舞する点で大きな効果をあげた。一方、京都守護職として御所の警備に当たっていた会津藩はいわれのない汚名を着せられたことになる。本書は、明治維新後一三〇年以上を経てもなお「朝敵」や「賊軍」という言葉が安易に使われている現実を直視し、維新前後の歴史事実をていねいに掘り起こすと同時に、日本近代史のよみなおしを迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本近代史の見直しが求められている(欺瞞に満ちた明治維新
  • ピカドンと同じ ほか)
  • 第2章 東北と越後にとっての戊辰戦争(仙台藩の二人の自刃が意味するもの
  • 楢山佐渡と原敬 ほか)
  • 第3章 官軍と賊軍(『復古記』
  • 『奇兵隊日記』 ほか)
  • 第4章 東西融和への道(なぜいま戊辰戦争か
  • 鹿角vs佐賀 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よみなおし戊辰戦争 : 幕末の東西対立
著作者等 星 亮一
書名ヨミ ヨミナオシ ボシン センソウ : バクマツ ノ トウザイ タイリツ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.6
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4480058990
NCID BA52401813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20192478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想