実名報道の犯罪

東山麟太郎 著

冤罪事件を防止できない現状で刑の確定前の逮捕直後からの実名報道で被害者に社会的制裁を加える事が許される事か。犯罪報道で実名報道の必然性の欺瞞を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 報道機関「マスメディア」の特定
  • 報道機関の巨大権力
  • 記者のモラルの低下
  • 報道機関の独善性
  • 実名報道の掲載理由の欺瞞
  • 匿名記事の存在意義
  • 少年犯罪での匿名報道
  • 精神障害者の匿名報道の問題点
  • 実名報道への報道機関の拘り
  • 身勝手な報道機関〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実名報道の犯罪
著作者等 東山 麟太郎
書名ヨミ ジツメイ ホウドウ ノ ハンザイ
出版元 近代文芸社
刊行年月 2001.5
ページ数 148p
大きさ 20cm
ISBN 4773367849
NCID BA52382628
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想