言語の興亡

R.M.W.ディクソン 著 ; 大角翠 訳

現在地球上に存在する約五千の言語は、どのように発達してきたのだろう。オーストラリアの言語学者ディクソンは、変化の少ない長い平衡期と、言語が急激に拡張・分裂する短い中断期が繰り返されたとする新しい仮説、断続平衡説を提示する。さらには、異文化接触によって消滅してゆく少数言語に対して、言語学はいま何ができるかを熱く語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説
  • 第2章 ことばの伝播と言語圏
  • 第3章 系統樹モデルはどこまで有効か
  • 第4章 言語はどのように変化するか
  • 第5章 断続平衡モデルとは何か
  • 第6章 再び祖語について
  • 第7章 近代西欧文明と言語
  • 第8章 今、言語学は何を優先すべきか
  • 第9章 まとめと展望
  • 補論 比較方法の発見手順では見誤ってしまうもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語の興亡
著作者等 Dixon, Robert M. W
大角 翠
ディクソン R.M.W.
書名ヨミ ゲンゴ ノ コウボウ
書名別名 The rise and fall of languages

Gengo no kobo
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.6
ページ数 221, 13p
大きさ 18cm
ISBN 4004307376
NCID BA52352412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20192683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想