現代アメリカ社会論 : 階級・人種・エスニシティーからの分析

大塚秀之 著

史上最長の景気拡大を嘔い、まばゆいばかりに光り輝いてみえるアメリカ。しかし、それが圧倒的多数の国民の生活現実なのだろうか?本書は、アメリカ社会の深部の矛盾を鋭く分析した本格的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 2000年米大統領選挙とその意義
  • 2章 アメリカ資本主義の病理
  • 3章 「ミドルクラス」衰退論とその背景
  • 4章 「苦悩するアメリカ」「荒廃にあえぐ大都市」
  • 5章 アメリカ資本主義の荒野
  • 6章 デトロイトのポーランド系労働者
  • 7章 レッドライニングと居住地の人種隔離
  • 8章 「ニューエコノミー」下の国民生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代アメリカ社会論 : 階級・人種・エスニシティーからの分析
著作者等 大塚 秀之
書名ヨミ ゲンダイ アメリカ シャカイ ロン : カイキュウ ジンシュ エスニシティー カラノ ブンセキ
書名別名 Gendai amerika shakai ron
出版元 大月書店
刊行年月 2001.6
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 4272210726
NCID BA52352139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20188426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想