生活領域から見た精神科看護

坂田三充 編

本書では、強制診療を要するような緊急事態に焦点をあて、短期集中治療によって社会に戻ることを目指す場合、そこで生じやすい問題とそれに対する具体的な看護ケアのあり方について考えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生活領域から見た精神科看護(人間の生活と看護の役割
  • 心の病と生活 ほか)
  • 第2章 第1段階 救急・急性期または入院初期(自律性の問題
  • 関係性の問題と精神科看護 ほか)
  • 第3章 第2段階 回復期(自律性の問題
  • 関係性の問題 ほか)
  • 第4章 第3段階 社会復帰準備期(自律性回復への援助
  • 関係性の問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生活領域から見た精神科看護
著作者等 坂田 三允
岩崎 みすず
小松沢 美代
高山 七穂子
小林 美子
書名ヨミ セイカツ リョウイキ カラ ミタ セイシンカ カンゴ
書名別名 Seikatsu ryoiki kara mita seishinka kango
出版元 医学書院
刊行年月 2001.5
ページ数 240p
大きさ 21cm
ISBN 4260331345
NCID BA52346464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想