日本科学の先駆者高峰譲吉 : アドレナリン発見物語

山嶋哲盛 著

アドレナリンとタカジアスターゼの発見で、いまなお人類がその恩恵をこうむっている高峰譲吉(一八五四〜一九二二)は、幕末の金沢に育ち、国際結婚、アメリカの学界ではサムライ化学者とよばれた。その独創的な研究生活、常に実用を忘れぬベンチャービジネス精神のおりなす波瀾に富んだ生涯を描く感動的な評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 蚕が火薬に
  • 麒麟児、長崎へ
  • 医学が化学に
  • 英国留学
  • 高峰流実学研究
  • 南部娘キャロライン
  • 米麹でウイスキーを
  • 譲吉、シカゴへ
  • ウイスキー造り頓挫
  • 胃薬・タカジアスターゼ
  • 血止め薬・アドレナリン
  • 松楓殿
  • 三共株式会社
  • 無冠の大使
  • 理化学研究所
  • 晩年の手紙
  • 高峰譲吉博士の最期明治の科学技術立国
  • 二十一世紀の科学技術立国
  • 高峰譲吉博士に学ぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本科学の先駆者高峰譲吉 : アドレナリン発見物語
著作者等 山嶋 哲盛
書名ヨミ ニホン カガク ノ センクシャ タカミネ ジョウキチ : アドレナリン ハッケン モノガタリ
シリーズ名 岩波ジュニア新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.6
ページ数 184p
大きさ 18cm
ISBN 4005003753
NCID BA5234625X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想