乃木「神話」と日清・日露

嶋名政雄 著

日本陸軍参謀本部が編纂した日清・日露の戦史を検証し、乃木希典の「神話」が戦史改竄の末に捏造されたことを明らかにする戦史論。日本軍負の本質を衝く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日清開戦と朝鮮王宮占領
  • 山県有朋と参謀本部
  • 大山指揮下の第二軍、遼東半島を南下
  • 秋山捜索騎兵大隊、土城子に向かう
  • 秋山捜索騎兵大隊の土城子の戦闘
  • 土城子事件へのフランス観戦武官の批判
  • 清将徐邦道らの土城子待ち伏せの意図
  • 第二軍の旅順要塞攻略
  • 日本陸軍の常套語「積極果敢、独断専行」の由来
  • フランス観戦武官の大山第二軍司令官批判〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乃木「神話」と日清・日露
著作者等 嶋名 政雄
書名ヨミ ノギ シンワ ト ニッシン ニチロ
出版元 論創社
刊行年月 2001.3
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4846002578
NCID BA5234471X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20236649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想