魂について

アリストテレス [著] ; 中畑正志 訳

現代の哲学や諸科学にも豊かな示唆を与える、万学の祖アリストテレスの魂をめぐる独自の分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 魂の探究上の諸課題
  • 先行見解の総覧
  • 先行見解の検討
  • 先行見解の検討と問題の確認
  • 魂に共通する一般的定義
  • 魂の再定義(生きることの諸形態の原因としての魂
  • 諸能力の原理としての魂の階層的構造)
  • 魂の探究における方法論的注意、栄養摂取能力
  • 感覚についての一般的考察
  • 感覚の対象の種類
  • 視覚〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魂について
著作者等 Aristotelēs
Aristotle
中畑 正志
Aristotelis
アリストテレス
書名ヨミ タマシイ ニ ツイテ
書名別名 Tamashii ni tsuite
シリーズ名 西洋古典叢書
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2001.6
ページ数 281, 8p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 4876981272
NCID BA5228625X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想