食品素材の開発

亀和田光男 監修

食品産業の活性化を図るためにはハード面(設備)とソフト面(素材・加工技術)の並立が必要である。にもかかわらず、ややもすれば2軸エクストルーダー、膜利用、超臨界ガス抽出等ハード面の華々しさに目を奪われ、素材面の開発や加工技術が立ち遅れている。この点に着目し、各食品企業の至上命令になっている新製品開発のために必要な新素材としてサイクロデキストリン、プルラン、フラクトオリゴ糖、血液タンパク、キチン・キトサン等24のテーマを選び、それぞれの分野の第一人者に執筆していただいたのが本企画である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 タンパク系新素材(と畜血液タンパク質
  • 大豆タンパクフィルム ほか)
  • 第2章 デンプン系新素材(プルラン
  • サイクロデキストリン ほか)
  • 第3章 新甘味料(フラクトオリゴ糖
  • アスパルテーム ほか)
  • 第4章 健康食品新素材(EPA
  • レシチン ほか)
  • 第5章 その他の新素材(中鎖脂肪酸トリ・グリセリド
  • 食品の凍結乾燥と新素材 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品素材の開発
著作者等 亀和田 光男
書名ヨミ ショクヒン ソザイ ノ カイハツ
書名別名 食品新素材の開発と応用

Shokuhin sozai no kaihatsu
シリーズ名 CMCテクニカルライブラリー
出版元 シーエムシー
刊行年月 2001.5
版表示 普及版
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 4882317214
NCID BA52286227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20256122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想