ホールゲノムショットガン法によるゲノム解析とアノテーション

小笠原直毅 ほか著

本書は、最先端の微生物のゲノム構造解析の手法をわが国に導入し、ゲノムからの微生物研究を立ち上げることを目指した、海洋科学技術センター・ゲノム解析研究チームおよび学術振興会・未来開拓学術研究推進事業に支援された北里大学を中心とする研究チームが協力して開発してきた実践的プロトコールをまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フィジカルマップの作成(染色体DNAのサイズ決定
  • 制限酵素AscI、Sse8387Iによるフィジカルマップの作成 ほか)
  • 第2部 シークエンシング(ホールゲノムショットガンシークエンシング
  • λファージライブラリーシークエンシング ほか)
  • 第3部 コンティグの構築から全塩基配列決定へ(一般的なアセンブリング
  • GenomeGamblerによるアセンブリング ほか)
  • 第4部 アノテーション(GenomeGamblerシステムを用いたアノテーション
  • 一般的な遺伝子解析ツールを用いたアノテーション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホールゲノムショットガン法によるゲノム解析とアノテーション
著作者等 久原 哲
小笠原 直毅
服部 正平
高見 英人
書名ヨミ ホール ゲノム ショットガン ホウ ニ ヨル ゲノム カイセキ ト アノテーション
書名別名 Horu genomu shottogan ho ni yoru genomu kaiseki to anoteshon
シリーズ名 生物化学実験法 / 上野川修一 ほか編 46
出版元 学会出版センター
刊行年月 2001.6
ページ数 291p
大きさ 21cm
ISBN 4762229741
NCID BA52259847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想