カントと形而上学 : 物自体と自由をめぐって

北岡武司 著

カント哲学へのいざない。弱くてもろい存在者であるにもかかわらず、人間はその内なる純粋理性により、自由の地平で死を超え時間を超えて成長することができる。人間が自由であることの意味を徹底追究したカントの形而上学的思惟を追跡する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 超越論哲学と物自体
  • 第2章 私自身の現存在
  • 第3章 批判的形而上学への方向定位
  • 第4章 自然と自由-対立の表層
  • 第5章 超越論的自由の問題
  • 第6章 純粋理性の事実-自然専制論の突破
  • 第7章 自由の可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カントと形而上学 : 物自体と自由をめぐって
著作者等 北岡 武司
書名ヨミ カント ト ケイジジョウガク : モノ ジタイ ト ジユウ オ メグッテ
書名別名 Kanto to keijijogaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.6
ページ数 237, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4790708780
NCID BA52254140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20237603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想