右手の優越

ロベール・エルツ 著 ; 吉田禎吾, 内藤莞爾, 板橋作美 訳

現在の象徴体系、認識体系研究の先駆けとなったフランス社会学黄金期の著作。論文「死の宗教社会学」を併録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 死の宗教社会学-死の集合表象研究への寄与(あいだの期間
  • 最終の儀式)
  • 右手の優越-宗教的両極性の研究(有機体の非対称性
  • 宗教的両極性
  • 右と左の特徴
  • 両手の機能)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 右手の優越
著作者等 Hertz, Robert
内藤 莞爾
吉田 禎吾
板橋 作美
エルツ ロベール
書名ヨミ ミギテ ノ ユウエツ : シュウキョウテキ リョウキョクセイ ノ ケンキュウ
書名別名 Contribution à une étude sur la représentation collectiv de la mort

La prééminence de la main droite

宗教的両極性の研究
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.6
ページ数 247, 22p
大きさ 15cm
ISBN 4480086382
NCID BA52251506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20186759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
右手の優越 ロベール・エルツ, 吉田 禎吾
死の宗教社会学 ロベール・エルツ, 内藤 莞爾
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想