火星の人類学者

オリヴァー・サックス 著 ; 吉田利子 訳

すべてが白黒に見える全色盲に陥った画家、激しいチックを起こすトゥレット症候群の外科医、「わたしは火星の人類学者のようだ」と漏らす自閉症の動物学者…脳神経科医サックスは、患者たちが抱える脳の病を単なる障害としては見ない。それらは揺るぎないアイデンティティと類まれな創造力の源なのだ。往診=交流を通じて、不可思議な人生を歩む彼らの姿を描か出し、人間存在の可能性を謳った驚きと感動の医学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 色盲の画家
  • 最後のヒッピー
  • トゥレット症候群の外科医
  • 「見えて」いても「見えない」
  • 夢の風景
  • 神童たち
  • 火星の人類学者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火星の人類学者
著作者等 Sacks, Oliver
吉田 利子
サックス オリヴァー
書名ヨミ カセイ ノ ジンルイガクシャ : ノウ シンケイカイ ト 7ニン ノ キミョウナ カンジャ
書名別名 An anthropologist on Mars

脳神経科医と7人の奇妙な患者
シリーズ名 ハヤカワ文庫 : NF
出版元 早川書房
刊行年月 2001.4
ページ数 409p
大きさ 16cm
ISBN 415050251X
NCID BA52241761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想