源氏物語 : 全現代語訳  3

紫式部 著 ; 今泉忠義 訳

都に帰参後、栄華の中にある源氏は、明石姫君を養女とし、落成なった二条に迎える。その翌年、藤壺が世を去り、母を失った悲しみにくれる冷泉帝は、夜居の僧から自らの出生の秘密を告げられる。源氏と冷泉政権に新局面をもたらす数々の出来事-。「薄雲」から「行幸」を収録する完訳『源氏』第三巻は、豊かな物語性と構造化を見せつつ展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 薄雲
  • 朝顔
  • 少女
  • 玉鬘
  • 初音
  • 胡蝶
  • 常夏
  • 篝火
  • 野分
  • 行幸

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語 : 全現代語訳
著作者等 今泉 忠義
紫式部
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ : ゼン ゲンダイゴ ヤク
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次 3
出版元 講談社
刊行年月 2001.6
版表示 新装版.
ページ数 497p
大きさ 15cm
ISBN 4061594583
NCID BA52229573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20194673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想