新免疫療法でガンを治す

八木田旭邦 著

新免疫療法とは、自らがもつ免疫力をたかめてガンを克服する治療法。ガン細胞を攻撃する免疫細胞を活性化して、自らの力でガンをたたく。8000例におよぶ臨床治験から、AHCCなどの効力が証明された。データ解析済の1317例中、約半分の患者の腫瘍が消失、縮小した。睡眠、食事がよくとれ、QOLが高まるのもこの治療法の特徴である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 新免疫療法とはどういうものか(ガン治療の現状と問題点
  • どんなガンに、どれくらい効果があるか ほか)
  • 2 ガンが消えるメカニズム(なぜガンになるのか
  • からだを守る免疫のしくみ ほか)
  • 3 ガンとたたかう患者さんたち(肺ガン
  • 女性のガン-卵巣ガン・子宮頸ガン・子宮筋腫・乳ガン ほか)
  • 4 免疫を高める食事
  • 5 新免疫療法のじっさいのかかり方(免疫状態のチェックが不可欠
  • ガンの告知とカルテ開示の必要性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新免疫療法でガンを治す
著作者等 八木田 旭邦
書名ヨミ シン メンエキ リョウホウ デ ガン オ ナオス
シリーズ名 健康ライブラリー
出版元 講談社
刊行年月 1999.12
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4062592134
NCID BA52201916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20023844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想