糖尿病と合併症

南條輝志男 編

糖尿病(2型糖尿病)は代表的な生活習慣病であるが、その終末像である重症の慢性合併症(血液透析を要する賢不全、網膜症による失明、壊疽による下肢切断など)の急増は多くの患者の生命を奪い、QQL(クオリティーオブライフ)を著しく低下させている。本書は各専門分野の第一線でご活躍の先生方に、最新の医学知識をわかりやすく解説してもらったものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 全体像を把握する(精代謝とインスリン
  • 精代謝に関するインスリン以外のホルモン
  • 糖尿病の症状 ほか)
  • 第2章 検査の目的と結果のよみ方(尿検査
  • 血液検査
  • 生理機能検査)
  • 第3章 どんな疾患があるのか(1型糖尿病
  • 2型糖尿病
  • その他の特殊な機序、疾患によるもの ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病と合併症
著作者等 南條 輝志男
井村 裕夫
北村 聖
南条 輝志男
岩井 郁子
日野原 重明
書名ヨミ トウニョウビョウ ト ガッペイショウ
シリーズ名 Symphonia medica nursing / 日野原重明, 井村裕夫 監修 第8巻
看護のための最新医学講座 第8巻
出版元 中山書店
刊行年月 2001.6
ページ数 444p
大きさ 27cm
ISBN 4521621015
NCID BA52168752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想