ポストモダン経営学

遠田雄志 編著

ポストモダン経営学はあいまいな世界での組織の認識を見すえて展開されるものである。本書はそうした経営学の一試論である。本書パート1"ゴミ箱理論"はあいまいな世界での意思決定を探ったもので、パート3は文字通り組織の認識についての素描である。そしてパート2では、ポストモダン経営学の旗手K.ワイクの理論がやさしく要約、紹介されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ(経営学の流れ
  • おもろい理論づくりのために)
  • 1 ゴミ箱理論(ゴミ箱モデル
  • 戸惑う「コカ・コーラ」 ほか)
  • 2 ワイク理論(点と線と図-カール・ワイクの世界(1)
  • けったいな!-カール・ワイクの世界(2) ほか)
  • 3 組織認識論(組織認識論のススメ
  • 組織の適応モデル ほか)
  • エピローグ(なにかおもしろいことないか仔猫チャン
  • ジャングル物語 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポストモダン経営学
著作者等 遠田 雄志
書名ヨミ ポストモダン ケイエイガク
出版元 文眞堂
刊行年月 2001.5
ページ数 387p
大きさ 21cm
ISBN 4830943874
NCID BA52133871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20178404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想